抗酸化成分入りの化粧品なら美肌効果を得られる

  1. ホーム
  2. 外的刺激から肌を守る

外的刺激から肌を守る

化粧水をつける人

品質維持にも重要な成分

抗酸化成分の入った化粧品は、肌を外的刺激から守るためにも効果的です。肌は紫外線や外気に含まれる雑菌やほこりなどの刺激に晒されています。そのため、細胞が酸化して年齢に関わらずエイジングサインの原因になると考えられています。特に1年中注意が必要な紫外線によって、シミやそばかすなどの肌トラブルに悩まされるのではないでしょうか。抗酸化成分には、ビタミンCなどを始めとした有効なものがあり、肌を若々しく保つのにも必要です。また、若返りビタミンとも呼ばれるビタミンEも抗酸化成分として有名で、ビタミンCとの組み合わせで効果が上がると言われます。さらに、フェルラ酸は紫外線吸収機能も持っている抗酸化成分で、天然由来の安心できる成分でもあります。ポリフェノール類のアントシアニンやカロテノイド類のルテインも、抗酸化成分として注目されるようになりました。このように毎日肌につける化粧品には、抗酸化成分が必須と言っても良いでしょう。そして、化粧品として肌に与える効果だけでなく、抗酸化成分が化粧品の品質維持にも役立つことがわかっています。肌への刺激を減らすために無添加化粧品を選ぶ人が多くなりましたが、カビや劣化を防ぐには一定の保存料は必要です。化学的な成分を使用しなくても、抗酸化成分を含むことで化粧品の劣化を抑えることができるのもメリットです。肌につけるものなので安全性や衛生状態には注意したいですし、しかも肌にも効果が期待できるので抗酸化成分は優秀だと言われています。