不動産売却で知っておきたい触媒契約の種類

触媒契約には3つのタイプがある!~不動産会社と契約編~

不動産売却で知っておきたい触媒契約の種類

一軒家

一般触媒契約

不動産売却において1番メジャーな触媒契約が一般触媒契約になります。一般触媒契約は複数の不動産会社と同時にに仲介契約を結ぶことができ、売主を自身で見つけた場合には、不動産業者の仲介を挟むことなく物件を売却することができます。市川市や三郷をはじめ、全国各地の不動産会社で最も結ばれている触媒契約でしょう。

専任触媒契約

専任媒介契約は、一般触媒契約とは違い、複数の不動産会社と触媒契約を結ぶことはできません。しかし、依頼を受けた不動産会社は、契約日から一週間以内に指定流通機構へ物件登録しなければならない義務を負うために、全国にある不動産会社へ物件情報の流出が早く物件が売れやすい傾向にあります。

専属専任媒介契約

専属専任媒介契約は、仲介できる不動産会社を一つに絞る触媒契約になります。この専属専任媒介契約を結んだ場合、他の不動産会社へ任意売却の依頼をすることは禁止されますが、その代わりに、集中的に売却活動を行ってくれるので売却までのスピードは早いです。専任媒介契約と同じような契約内容ですが、一般触媒契約や専任媒介契約とは違い、自身で買主を見つけて取引することはできません。

不動産売却に必要な書類リスト

  • 身分証明書
  • 印鑑証明書
  • 住民票
  • 登記済権利書
  • 固定資産税納税通知書
  • 土地測量図
  • 建築確認済証
  • 耐震診断報告書

広告募集中